ゴリラクリニック
メンズスキンケア ゴリラクリニック
はじめてのご来院の方|ご予約・ご相談はこちら
診察券をお持ちの方|各院フリーダイヤルはこちら
無料電話予約 WEB予約・相談

お電話でのご予約・ご相談は

はじめてご来院の方
診察券をお持ちの方
各院フリーダイヤル一覧へ >
閉じる

メンズスキンケアQ&A ~よくある質問と回答~

メンズスキンケアに関する悩み・不安・疑問に率直にお答えしています。ご不明な点は当クリニックまでお気軽にお問い合わせください。

  • シミとは
    そもそも何ですか?
    皮膚の一部分にメラニン色素が増加している状態です。

    皮膚にはメラノサイトという防衛機能が備わっています。メラノサイトには肌がダメージを受けたときにメラニンを生成し、皮膚を守る役割があります。例えば紫外線は、肌の細胞の核にあるDNAを破壊させたり変異させたりします。そういったダメージを真皮まで届かせないために、黒色の傘のようにメラニンを生成してダメージをブロックします。これが皮膚に沈着してシミとなります。

  • どうしてシミは
    できるのですか?
    紫外線によってできます。しかし原因はそれだけではありません。

    シミの多くが老人性色素斑(日光性色素斑)といわれるもので、紫外線によって過剰に生成されたメラニン色素が肌のターンオーバーで排出しきれないと、肌表面にシミとなって残ってしまいます。またニキビや虫刺され等の肌の炎症が茶色く残ることがありますが(炎症後色素沈着)、これは患部への防衛機能が働きメラニン色素が過剰生成されることによって起こります。通常、月日と共に消えることが多いのですが、紫外線の影響や肌のターンオーバー異常から跡になって残ることがあります。

  • 腕や背中にできる
    シミの原因は何ですか?
    海水浴などで強い紫外線を浴びたことが原因と考えられます。

    肩や背中などにできるシミは光線性花弁状色素斑体といわれ、強い日焼けによって起こります。色白で日焼けをすると肌が赤くなるタイプの方に多く、特に背中は日焼け止めクリームを塗りづらい場所なので、日焼け止めクリームの塗り漏れが多くなります。そして蓄積されたメラニン色素が表皮に一気に到達すると、急にシミが増えたと感じることがあります。

  • 顔のシミは
    何歳頃できますか?
    個人差はありますが、30歳を過ぎて悩み始める男性が多いです。

    原因として、加齢による抗酸化力の低下でメラニンが過剰に作られていること、肌に蓄積されたメラニンが肌のターンオーバー遅延によって排出しきれなくなっていることが考えられます。例えば大人になって傷が治りづらくなったと感じる方も、子供の頃は日焼けや怪我をしてもすぐに元通りの肌色に戻っていたかと思います。子供の肌はターンオーバーが活発なので、メラニンなどの不要な物質を排出し、すぐに新しいものへと生まれ変わります。そのような加齢により起こるターンオーバー遅延は、継続したスキンケアを行うことで改善することができます。

  • 市販のシミ消し商品は
    効果がありますか?
    いいえ、シミを消す効果はありません。予防ができます。

    ドラッグストアなどに売られているシミ消しクリームは医薬部外品ですので、安全性優先のため成分濃度が極めて低く作られており、大きな効果は期待できません。またその成分はほとんどがビタミンC誘導体です。このビタミンC誘導体はメラニン生成を抑制する作用があるので、シミ予防には効果を発揮します。しかし既に出来てしまったシミを消すような美白効果は期待できないでしょう。
    またトラネキサム酸(通常、喉の炎症沈静に使われる)配合等の市販内服薬に関しては、肝斑には効果的ですが、一般的な老人性色素斑(日光性色素斑)などのシミには効果が認められておりません。シミは、レーザーやIPL(光治療)で治療することが可能です。

  • 市販のハイドロキノン
    とは異なりますか?
    はい、シミを薄くするのに十分な濃度のハイドロキノンを処方できるのは医療機関だけです。

    市販のハイドロキノンクリームや化粧水医薬部外品ですので、含まれるハイドロキノンの濃度が極めて低いです。その分、美白効果はゆるやかに現れます。シミやクマにピンポイントで使う場合は医療機関処方の高濃度なもの、顔全体の肌色のトーンを上げたい場合は市販品、という使い分けが賢明です。

  • シミを薄くする方法は
    ありますか?
    はい、ハイドロキノンの塗布、レーザーやIPL(光治療)でシミ治療が可能です。

    発症してしまったシミを薄くする方法として、ハイドロキノンの塗布とレーザー治療・IPL(光治療)があります。市販の内服薬やシミ消しクリームなどの外用薬、美白化粧水等は、基本的にはシミ予防が主な目的であるので、シミを薄くする効果は認められません。

  • レーザー治療と光治療
    どちらが良いですか?
    双方にメリット・デメリットがあります。

    即効性を求めるのであればレーザー、人に気づかれずにシミを治療したいのであればIPL(光治療)がおすすめです。レーザー治療はメラニンを運ぶメラノソーム自体を破壊・変性させるので確実性が高いのですが、施術直後から患部にテープを貼って保護する必要があるので、男性のお顔では目立ってしまうかもしれません。レーザーの痛みを訴える方もおられます。一方でIPL(光治療)は、レーザーよりゆるやかな治療になります。テープで保護する必要がなく、ダウンタイムが少ないので男性でも気軽にシミ治療を始めることが可能です。

  • シミは予防できますか?
    はい、正しいスキンケアでシミを予防しましょう。

    紫外線が肌にシミを作る最大の原因です。近年では白浮きせずテカらない、男性用の日焼け止めが多く販売されています。使用シーンに合わせた日焼け止めを使いましょう。また化粧水・乳液での肌の保湿ケアを習慣づけることで、肌のバリア機能を正常に保つことができます。バリア機能が正常に働くと、紫外線や細菌などの影響を受けにくくなるので、シミやその他の肌トラブルを未然に防ぐことができます。

キーワードから探す

PAGE TOP