ゴリラクリニック
メンズスキンケア ゴリラクリニック
はじめてのご来院の方|ご予約・ご相談はこちら
診察券をお持ちの方|各院フリーダイヤルはこちら
無料電話予約 WEB予約・相談

お電話でのご予約・ご相談は

はじめてご来院の方
診察券をお持ちの方
各院フリーダイヤル一覧へ >
閉じる

メンズスキンケア基礎知識 メンズスキンケア基礎知識

メンズスキンケア基礎知識(Q&A・用語検索)

男の肌荒れを改善するには、まずは肌を知ることから。間違ったスキンケアは肌トラブルを引き起こす原因になります。正しい洗顔や保湿ケアのやり方から、シミや毛穴の開き・黒ずみ、目の下のクマの原因・改善方法まで、男性専門クリニックだからできる、男性の肌に特化したスキンケア知識をご提供します。

男性にスキンケアはどうして必要?

シミやシワ、たるみは突然できるわけではありません。
さらに、さまざまな肌トラブルの原因である紫外線は、年々その量が増加しています。
そのため、早めの対策が必要なのは女性はもちろん、男性でも同じです。
しかし、男女の肌質は大きく異なり、男性の肌は女性の肌と比べて、
皮脂量が多く、水分量が少ないという性質があります。
したがって、男性が女性と同じスキンケアを行うことは適切ではありません。
ゴリラクリニックでは、男性の肌が求めているものを徹底的に追及し、
正しいスキンケア情報が届きにくい男性に向けて、
いつまでも若々しくいられるための、スキンケア知識を提供いたします。

お悩み別 ケア方法

毛穴の開き・黒ずみ

毛穴の開き・黒ずみ

原因

毛穴の開き
皮脂の過剰分泌
肌の弾力・張り低下によるたるみ毛穴
クレーター状のニキビ跡

毛穴の黒ずみ
毛穴に詰まった角栓の酸化
開いた毛穴が影になって黒く見えている状態
メラニンが毛穴に蓄積している状態

改善方法

毛穴の開き
洗顔
洗いすぎはオイリー肌にとって逆効果です。肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、それを補うように余計に皮脂が分泌されるようになってしまいます(インナードライ)。洗顔は1日1~2回 1回30秒ほどが理想です。

保湿ケア
収れん化粧水で皮脂の分泌量をコントロールすることができます。単体での使用は肌を乾燥させやすいので、保湿化粧水との併用が望ましいです。

レーザー治療・IPL(光治療)
ゴリラクリニックでは、ロングパルス:YAGレーザーのジェネシスを使用して毛穴を内側から引き締めます。真皮層に熱刺激を与えて活性化させることで、長期的なコラーゲン生成が可能です。


毛穴の黒ずみ
保湿ケア
洗顔で失われた水分は必ず化粧水で補給するようにしましょう。その後は必ず乳液で蓋をして水分を閉じ込めます。より保湿効果を求めるのであれば、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸配合の化粧水がおすすめです。

ピーリング
角栓の元となる、古い角質を除去するピーリング施術があります。ゴリラクリニックでもグリコール酸やサリチル酸を用いたピーリング施術を行っています。不要な角質を取り除いた後は、イオン導入で肌に必要な水分と栄養素を、バリア層を超えて浸透させます。

シミ

シミ

原因

紫外線
手やタオルでの摩擦刺激
炎症の沈静
これらの刺激を受けて、肌内部にメラニン色素が過剰に生成されます。若いころは肌のターンオーバーが活発なため、生成されたメラニン色素を排出できていたのですが、加齢によるターンオーバー不良でメラニン色素が排出しきれないと、肌にシミになって残ってしまいます。

改善方法

年齢を重ねるとともに遅れていくターンオーバーを正常に戻すスキンケアが必要です。
洗顔
肌に古い角質や汚れが溜まっていると、ターンオーバーを妨げてしまいます。洗顔料を手やネットで泡立てて、泡に汚れを吸着させるようにやさしく洗いましょう。

保湿ケア
紫外線によって発生した活性酸素の働きを抑える、抗酸化作用のある化粧水が効果的です。代表的な抗酸化成分には、ビタミンC誘導体・フラーレン・プラセンタエキスがあります。

ハイドロキノン
ハイドロキノンには強力な美白作用があります。市販のハイドロキノンクリームと医療機関処方のハイドロキノン外用薬は、含有濃度がちがいます。市販のハイドロキノンは低濃度なので、美白効果がゆるやかに現れます。そのため顔全体のトーンアップを期待する場合などにおすすめです。
医療機関では高濃度のハイドロキノンを処方しています。シミやクマなどピンポイントの美白にはこちらが有効です。ゴリラクリニックでも高濃度のハイドロキノンを処方しています。

レーザー治療・IPL(光治療)
レーザー治療はシミ部分の皮膚を焼き取るため確実性が高いのですが、施術直後から1週間程、患部にテープを貼って保護する必要があるので、男性のお顔では目立ってしまうかもしれません。そのためゴリラクリニックでは、IPL(光治療)を採用しています。レーザーより効果がゆるやかな治療になりますが、テープで保護する必要がないので、男性でも気軽にシミ治療を始めていただけます。

くすみ

くすみ

原因

「日に焼けていないのに顔が茶色くなった気がする」「顔色が優れない日が続く」
それは肌がくすみが原因かもしれません。

くすみの原因には次のようなものがあります。
古い角質の重層化
メラニンの排出不良
コラーゲンの糖化による肌色の黄ばみ

角質の重層化やメラニン沈着によるくすみは、ターンオーバー異常によって起こります。

改善方法

洗顔
手で顔をこするように洗ってしまう習慣がある方は、摩擦刺激によるメラニン沈着が起こっている可能性があります。手やネットで泡立てた洗顔料で、汚れを泡に吸着させるようにやさしく洗いましょう。人肌ぐらいの温度のお湯で抑えるようにすすぎ流します。洗顔後はタオルでごしごしと拭くのではなく、顔を抑えるようにして拭きましょう。

保湿ケア
メラニン沈着が原因のくすみには、美白効果の高い抗酸化成分配合の化粧水がおすすめです。代表的な抗酸化成分には、ビタミンC誘導体・フラーレン・プラセンタエキスがあります。
角質肥厚が原因のくすみは、肌が乾燥すると症状が悪化してしまいます。そのため保湿効果の高い化粧水がおすすめです。保湿効果が高い成分には、セラミドやヒアルロン酸、加水分解コラーゲンなどがあります。

ピーリング
角質肥厚のくすみにはピーリングが効果的です。不要な角質を溶かして落とし、ターンオーバーを促進させます。ゴリラクリニックではグリコール酸やサリチル酸を用いたケミカルピーリングをご用意しております。

レーザー治療・IPL(光治療)
ゴリラクリニックでは、くすみのレーザー治療・光治療を扱っております。肌の真皮層にレーザーや光を照射することでメラニンの排出を促し、経口摂取では吸収できないコラーゲンを肌の内側からつくりだします。

クマ

クマ

原因

青クマ
血行不良の青クマは、うっ血した毛細血管が目の下の薄い皮膚から透けて見えているものです。体調によってクマの濃さに変化があるのが特徴です。

茶クマ
摩擦刺激によるメラニンの色素沈着が原因です。目をこする癖のある方が多いです。体調に左右されず常に一定の濃さでクマがあることが、青クマとの違いです。

黒クマ
皮膚のたるみによる凸凹が影になって黒く見えます。眼輪筋の衰えや目の下が痩せたことが原因です。

改善方法

青クマ
血行不良が原因の青クマを改善するには、目の疲れを溜めないこと・全身の血行を改善することが重要です。できるだけスマートフォンやパソコンを長時間使わないようにしたり、疲れた目を蒸しタオルであたためたりして、疲れを残さないようにしましょう。また体温を上げると血行が改善されます。
ゴリラクリニックでは、老廃物を流して肌の引き締めと血流改善を促すレーザー治療を行っています。

茶クマ
色素沈着の茶クマ改善には、ハイドロキノン外用薬での治療が効果的です。ハイドロキノンには強力な美白作用があり、肌に蓄積したメラニンの生成を抑制し、排出します。
ゴリラクリニックでは、YAGレーザーのジェネシスを利用して、表皮のピーリングと真皮層の細胞活性化を促します。ターンオーバー促進と肌の引き締めが可能です。

黒クマ
眼輪筋を鍛えたり、アイクリームで目元の保湿と引き締めをすることで改善がみられます。

美容クリニックでは、皮膚の凹みにヒアルロン酸やコラーゲンを注入して段差を埋め、黒クマの影を無くすことができます。反対に、突き出た脂肪を除去して凹凸を取り払う手術もあります。

ニキビ

ニキビ

原因

角質肥厚で毛穴が塞がれ、皮脂が詰まってしまう
 →皮脂を餌にしているアクネ菌が繁殖
皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まり
 →アクネ菌が繁殖
これらが起こる原因
皮脂の過剰分泌は男性ホルモンに関係しています。ストレスや睡眠不足によって、男性ホルモンの分泌異常が起こります。 また間違ったスキンケアや肌の乾燥によるバリア機能の低下からも、皮脂の過剰分泌や角質肥厚が起こり、アクネ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

改善方法

ニキビの元である面皰(コメド)を治すことが重要です。
生活習慣を見直す
男性ホルモンの過剰分泌は睡眠や栄養バランスを整えることで改善できます。ニキビと食べ物の関係は実はよくわかっていないことが多く、チョコレートやアーモンドが必ずしもニキビを引き起こす原因になるとは言い切れません。ただし糖質摂取は皮脂の分泌を促すといわれています。

年齢に合ったスキンケア
成人ニキビに、思春期ニキビ向けのスキンケアは適切ではありません。肌を乾燥させてしまうので、大人ニキビには保湿力の高いスキンケアが必要です。

ターンオーバーの正常化
厚くなった角質は毛穴を塞いでしまうので、肌に溜めないことが大切です。不要な角質を取り除いてターンオーバーを促すには、ピーリングが有効です。 ゴリラクリニックのニキビ治療、「ゴリラニキビ "滅"」でも、ピーリング施術を扱っています。ピーリングの後は、ニキビの元である面皰(コメド)の排出、皮脂腺そのものを熱破壊する施術を行っていきます。

たるみ

たるみ

原因

加齢や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチンが減少
表情筋の衰えで脂肪が垂れ下がる
皮膚がたるむとほうれい線や二重アゴが目立つようになって、老けて見られるようになります。

改善方法

年齢に合ったスキンケア
化粧水+乳液のスキンケアで、年齢と共に失われる肌の水分量を補い、肌のターンオーバーを促進させます。紫外線ダメージから肌を守る、抗酸化作用のあるフラーレン配合の化粧水が効果的です。

表情筋トレーニング
「あいうえお体操」のように、口を大きく開いて「あいうえお」と動かす体操を毎日少しずつ続けることで、表情筋の衰えを防ぐことができます。

レーザー治療・IPL(光治療)
ゴリラクリニックでは、近赤外線治療器とレーザー治療で肌のたるみ治療を行っています。ロングパルス:YAGレーザーのジェネシスでは、肌の深く、真皮層に熱刺激を与え活性化させることで、長期的なコラーゲン生成を促し、肌を内側から引き締めます。
PAGE TOP